アメリカ先住民の「力・健康」を支えてきた食材

メキシコをはじめとする南米生まれの果実が、「チア」です。
その種が、美容に関心の高い女性に注目されています。
ゴマよりも小さいくらいの種であるチアシードに秘められた栄養価は、まさにアステカの宝です。
食物繊維はごぼうに引けを取らないほどで、ダイエットや便秘解消に効果があります。
心臓の健康にはもちろん、心や頭の健康にも大切だといわれるオメガ3脂肪酸も、サバやくるみを超えるトップクラスの含有量です。
なんといっても、調理の手間がいらずで食べられるのがうれしいところです。
水を加えると10倍にも膨らみ、ぷるぷるのゼリー状になります。
サラダにかけたり、ドリンクやヨーグルトなどに混ぜたりすると手軽に栄養がとれます。
食感がよく満腹になるので、ダイエットにもおすすめです。
「チアシード(ちょっと雑学)」チアシードには18種類ものアミノ酸が含まれていて、油脂の分解や吸収を防いでくれます。
といっても、大量の摂取は逆効果、花粉症や便秘を招くこともあるので注意が必要です。